貧乏で返済に不安が有る時のキャッシング

キャッシングベスト3

貧乏で返済に不安が有ってもキャッシングできるでしょうか

私はもうすぐ40歳に手が届くおっさんです。若いころから定職に就くことが苦手で、ずっと貧乏でその日暮らしと言うような状態を続けてきました。現在の職場もこの先何年も続けられるかどうか分かりません。というわけでいつ収入が途絶えるか分からない状態です。最近になって生活に不安を抱くようになり、収入が途絶えたときにはキャッシングを利用して凌ぐことを考えています。そこで私の様に収入が途切れて返済に不安が有る場合でもキャッシングは利用可能でしょうか。

融資可能でも利用はお勧めできません

現在は勤め中と言うことで収入が有る訳ですから、何件か探せば審査を通す金融機関は有ると思いますが、あなたの想定している利用方法は職を離れたときに収入の繋ぎのためにキャッシングを利用したいと言っているので、利用はお勧めすることが出来ません。金融機関はあなたの現在の収入を審査して契約するわけですから、その収入が入って来ないと言うことは前提が崩れる為、その点を金融機関に報告する義務が契約上生じるはずです。

もし報告せずに利用してもキャッシングは可能でしょうが、収入が無い上にあなたが自分で書かれているようにその日暮らしをしている人が翌月から返済を続けていけるとは思えません。すぐに返済が厳しくなって、職を離れたと言うことが金融機関にばれてしまえば契約違反となり、すぐに利用額全額の返済を迫られることになってしまうかもしれません。しかもその情報は信用情報に記載されますので、以後ブラックと言うことになってどこからも借りられなくなるはずです。

職を続けるのも離れるのも、もうよいお年なのですから自分で決めれば良いことであって他人がとやかく言うことではありませんが、お金を借りると言うことは、その金融機関と契約を結び、例えば銀行であれば多くの預金者から預かったお金を借りているわけです。この場合あなたはそういった人たちに迷惑をかけるていることになります。したがって辞める辞めないは好きにすれば良いですが辞めてからお金を借りようなどと安易に考えてはいけません。

年齢的にはそろそろ職探しも厳しくなってくることが予想されますので、職を転々とするのもそろそろ潮時ではないかと思われます。自分は実際どうしたいと思っているのか良く考えてみてください。現在ではフリーアルバイターなどという必要に応じてアルバイトをして食べ繋いでいる人もいますのでそういう生き方を選ぶことも出ますが、そろそろ老後の事も真剣に考えなければいけない齢ですので、安易に職を離れるのはお勧めできることではありません。

もし職を離れてしまった場合で収入が途絶えている間はキャッシングを利用するのではなくて生活保護と言うことになります。必要があれば役所に行って相談することを勧めます。生活保護は最低限の生活を保障するためのものです、定職に就くのが苦手と言うことで利用するのもちょっと問題だと思いますが、キャッシングを利用して返済できなくなるよりもずっと良い選択です。嫌なら職を離れない様にすることです。

貧乏で急な出費に不安を持つ人のためのキャッシング

1980年代の後半にバブルが崩壊してから、日本の景気は多少上下することがあったとしても、全体としては落ち込んだまま現在に至っています。当時は羽振りの良かった多くの人達も、株や土地で財産を失い、その日暮らしの生活を余儀なくされているケースも決して珍しくはありません。

さて、長引く不況の中で働き盛りの年齢を迎えている若い人たちの多くは、子供の教育にかかる費用や老後の費用だけでなく、毎月の生活費のやり繰りに大変苦労しています。それがいわゆる貧乏と言われる状態になるわけですが、たとえ貧乏であろうとも、それは決して不幸ということではなく、家族の皆が健康であればいくらでも頑張って生きていけるものです。

ところで、ただでさえ家計は火の車なのに、急な出費が発生してしまうことがあります。そんなときは誰かにお金を借りるしかありませんが、お金を借りる時には注意すべき点があります。それは、悪質な消費者金融業者にお金を借りないことです。2010年に貸金業法が改正された後は、20%を超える貸付金利は禁止されていますが、無審査で借りれるということを売りに、それを超える金利で貸し付けをする様な業者には手を出してはいけません。

有利な条件でお金を借りるのであれば、大手の金融業者が提供しているキャッシングサービスが安心です。キャッシングの多くは無担保かつ保証人なしで、年収の3分の1程度を目安としたお金を借りることができます。申し込みは簡単で、インターネットを利用すれば、店舗まで足を運ばずに手続きまでを終えることができます。申し込みの際にカードを発行すればコンビニなどで借入や返済ができる点が魅力的です。

キャッシングの金利は当然ながら20%以下の合法的な低い金利ですが、借り過ぎるとその金利が重くのしかかってきます。借り過ぎに十分に注意して、借りたらできる限りすぐに返済することを心掛ければ、キャッシングにより急な出費に対する不安を取り除くことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ※手軽に借りてください!※スマホで借り入れ出来る金融会社紹介 All Rights Reserved.